会長挨拶

名城大学応化会会長 鈴木健太朗

同窓会の着実な発展を目指して

平成30年度名城大学応化会総会におきまして、二代目会長を拝命しました鈴木と申します。名城大学応化会会員の皆様方におかれましては益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。また、平素より同窓会活動にご理解並びにご協力を賜りまして厚く御礼申し上げます。

名城大学応化会は2017年3月に応用化学科の1期生が卒業すると同時に設立された若い組織であり、学生を中心とした役員により日々活動しております。そのため、活動は小規模なものに留まっておりますが、密な連携の下着実に幅を広げております。このように、先輩の意思を受け継ぎ一歩一歩発展を続けていくことで、やがては応用化学科の隆盛に大いに貢献できると考えております。

今年度は、昨年度から行っております資格支援に加え、フレッシュマンセミナーやソフトボール大会などの学科行事にもご支援させていただく予定です。また、学科設立10周年に向けた記念行事も鋭意企画中でございます。当ホームページでは、それらの活動報告を日々行って参りますので、目を向けていただければ幸いです。

至らぬ点もございますが、今後とも応用化学科の発展のため尽力して参りますので、ご支援ご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。